プロペシアとは?

AGAの治療薬としてよく使われるプロペシア。フィナステリドという名前が一般的です。

薄毛治療の薬として厚生労働省からも認可されている医薬品です。propeciaは大きな副作用も報告されていますので、使用の際には注意する必要がある薬です。その副作用や使用上の注意などをまとめました。

プロペシアが使われるワケとは

プロペシアはアメリカで開発されたAGA治療薬です。米メルク社(Merck & Co.)で製造・販売されており、主成分がフィナステリドなので一般的にフィナステリド錠とも呼ばれています。このpropeciaは、日本では2005年に発売されています。

プロペシアにはどんな副作用があるの?

【未成年または女性の服用は禁止】

propeciaは、AGA患者に処方される薬です。AGAにみられる前頭部・頭頂部の薄毛は、薄毛に悪影響を及ぼすDTH(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが影響しています。

そのDTHを抑える効果が期待されているのがプロペシアです。このプロペシアは成人男性を対象とした薬です。FAGAの女性が服用しても効果が表れないだけでなく、とくに男児を妊娠中の女性の場合、胎児への悪影響が報告されています。プロペシアは触るだけで成分が体の中に入り込んでしまうため、特に注意が必要です。また20歳未満の未成年に対する安全性は確率されていないので、未成年も服用NGです。

【肝機能障害】

重大な副作用としては肝機能障害が報告されています。体に異常がみつかった場合はすぐに医療機関で診察を行ってください。

【性欲減退やインポテンツ】

性欲の減退とインポテンツもプロペシアの副作用として確認されています。国内での臨床試験の結果、発症率は1%未満だそうです。

プロペシアの発毛効果

AGA発症者に対する国内の臨床試験の結果、プロペシア1mgを1年間投与した場合58%、2年間の投与で68%、3年間の投与で78%の改善が認められました。そしてプロペシア1mgを1年間投与で40%、2年で31%、3年で20%の現状維持も認められています。

つまりプロペシアを服用したAGA発症者のおおよそ98%の人に改善または現状維持の効果が表れたことが分かります。プロペシアは安価な薬ではないですが、AGA発症者に対してこれだけの効果が期待できるのであれば、AGAの方は一度試してみる価値があるかもしれませんね。

ちなみにこのプロペシアの臨床結果は20才から50才までのAGAを発症している男性のみを対象としたデータです。50才以上の方の場合は、このデータよりも効果が下がるそうなのでご注意ください。

ページの先頭へ