ミノキシジルとは?

脱毛症治療薬の一つとしてよく使われています。日本では、ミノキシジル成分が5%以下のものであれば薬局などで気軽に手に入ります。脱毛症専門のクリニックで幅広く処方されている発毛効果があるとされるお薬です。

ミノキシジルが使われるワケとは

ミノキシジルは、高血圧の治療に使う降薬剤として使われていました。アメリカでは降圧薬として承認されていますが、日本では未承認のため降圧剤として使用はされていませんでした。

もとはアメリカで血管を拡張する作用があることから薬を試験的に飲んでいた患者の髪や体の体毛が濃くなり始めたことから、育毛効果があるのではないかと発毛剤として使われるようになりました。しかし、副作用として狭心症発作や動悸など心臓あたりの副作用が出始めたことから降圧剤として現在はもう処方されていません。

ミノキシジルはどんな副作用があるの?

脱毛症の薬なので一般的な副作用は頭皮のかゆみなどで、多く使用するとMinoxidil成分は低血圧の原因になる可能性があります。ノキシジルは使用中は脱毛を抑えるため止められますが、使用をやめてしまうとまた脱毛が進んでいきます。また、女性はミノキシジル成分が母乳に出てしまうため授乳する赤ちゃんがいる場合は使用禁止です。
以下は、Minoxidilの使いすぎで起きると言われている副作用ですが、そうでなくても発症する可能性もあるようです。発症した場合は医師の診断を受けたほうが良いです。

◆頭痛、意識が朦朧とする

◆性的不能

◆重い低血圧

◆不整脈、動悸

◆皮膚の赤み

◆霞み目

◆手、足、顔のしびれや痛み

◆性欲減退

◆胸の痛み

◆急速な体重増加

◆むくみ

ミノキシジルの発毛効果

【内服タイプ】

飲み薬として服用するタイプのミノキシジルは、効果がとても高く、アメリカ食品医薬品局が認可している医薬品です。そのため体にに有害の可能性のあるミノキシジル分量は認められておらず、5%・10%このふたつが治療に有効な基準として発表され、認可されています。これは個人輸入での入手が可能です。

【外用タイプ】

海外で普及している外用タイプのミノキシジルにはミノキシジル含有量が高いものが数多く存在します。外用医薬品の効果は長く残らないこともあり、効果的な治療をする上で有効な成分構成としてアメリカ食品医薬品局が認可しています。

しかし、日本で作られたMinoxidilの医薬品に比べて濃度が高く、ミノキシジルが降圧剤として使用されていたため、急に高濃度の外用のミノキシジル育毛剤を使うことはあまり良くないとされています。含有量が低めのものから徐々に増やしていったり、朝夜で濃度の違うものを使うなどで身体に悪い影響を与えず、効果的な治療を進める基礎的な知識を持つことが大事です。

ページの先頭へ