ジェネリック医薬品とは?

薬品メーカーが一番初め薬を開発・承認、発売をして、これまでになかった成分を含む薬を先発医薬品と言うのです。先発医薬品を開発するためには長い研究期間や高額な開発費用が発生するため、大手で有名なメーカーにほぼ限定されています。

先発品を生みだした会社は、構造・製造法、使い道などを踏まえて特許を取得し、特許承認が継続する二十年間は開発した薬の製造&販売を独り占めすることができます。

その後、先発品の特許が終了し、同様の成分を含んだ薬を他の開発会社が製造&販売しているものを後発品やGENERICといいます。「新薬」「後発医薬品」とも言われています。

最近では多くのクリニックや薬局などでも、ジェネリック品という言葉を耳にすると思います。ジェネリックと聞くと、ほとんどの人が先発医薬品と全く同じ成分・効果で値段が安いものと思いますよね。

厚生労働省がジェネリックの利用を推進しており、ジェネリックを出しているメーカーも変わらない効果や安さをアピールしています。しかしそれは良いことばかりだけのお薬なのでしょうか。

ジェネリック医薬品を勧めるワケとは?

日本国民のほとんどの人が加入している健康保険の財政が厳しくなってるということが理由の1つとしてあります。保険でカバーしている高齢者の医療費が上がってきてしまっている中、確かな答えがあるとは言えないまま少しでも医療費を減らすためジェネリック医薬品を推奨しているのです。
厚労省は、ジェネリック品をより多く普及させるため、2006/4月と2008/4月の2回に処方箋のルールを変えています。

2回目の変更では、医師が処方箋を書く際にジェネリックへの変更を認めないとい う署名をしない限り、薬局でジェネリック医薬品への変更が簡単にできるようになりました。そうすることによって近年ではジェネリック品が多く普及されています。

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

ジェネリックは同じ成分・効果が先発品と同様とされていますが、どうなのでしょうか。ジェネリック品を製造し、販売をするには、新しく入れる物質に対する「物質特許」、決められた物質の効果などに対する「用途特許」のこの2つの特許の期間を満たしてないといけないのです。それによって、先発医薬品と主成分を同様にする事が可能になるのです。

それ他にも「製造特許」や「製剤特許」…etcがあります。物質特許や用途特許が切れた後もこれらの特許の期限は切れてない場合もあるので、製法特許・製剤特許が切れていなければ薬のコーティングに使われる添加物や、錠剤・カプセルなど形ですら先発医薬品と同じにはできません。

こういうことが起こった場合、主成分が同じでもそれ以外の条件が変わるだけで薬の吸収される時間や、効き目が強すぎたりなど様々なことに差が起こってしまいます。

メリットについて

もちろん悪い事だけでなくメリットもあります。
単純に薬を常に服用してる人などにとっては良く、患者の負担が軽くなります。それ以外にも、日本ではジェネリック医薬品が承認される基準が海外と比べ圧倒的に厳しくなっているため、安心して飲むことができます。

また、ジェネリック医薬品は、先発医薬品が不当な価格になることを防いで、正しい価格にすることへ貢献しています。ジェネリック医薬品だからといって「これは良い」「これは悪い」などとは言えないようです。

ページの先頭へ