FAGA(女性男性型脱毛症)とは?

FAGAとは女性の薄毛や脱毛症の一部のことを言います。

AGA(男性型脱毛症)はテレビなどで目にしたことがある人も多いと思います。男性と違う部分は生え際のところは変わらずに加齢にともない全体の髪の毛が細くなります。

20代の若い女性に見られることはあまりなく、特に40代後半から髪が薄くなっていくことが特徴としてあります。初めは髪の毛が抜けていく量が増えたり、髪の分け目が広くなってきたなどと感じますが、やがて症状が進んでしまうと広い範囲に毛が抜けていき、透けたような感じになっていきます。もともと女性にも男性ホルモンはあります。

しかし髪の成長を担う役割のある女性ホルモン(エストロゲン)の量が減ってしまうと、男性ホルモンが多くなり薄毛につながります。これをFAGA=女性男性型脱毛症といいます。AGAと似ていますが異なる点は、男性に起こる前頭部の髪の毛が後退していくのではなく、頭全体の毛が抜けていくための境目がはっきりしないと言われています。

FAGAになる原因

FAGAを起こす主な原因は女性のホルモンが低下する事により、ホルモンのバランスがアンバランスになってしまうことが原因とされています。 女性には発毛を促進させる作用があり、女性ホルモンが減ることでそれが作用しなくなってしまいます。 40歳前後になってくると加齢により、ホルモンの分泌がどんどん衰えていくため、男性ホルモンとのバランスが崩れ、AGAのように頭の毛が薄 くなっていってしまいます。
さらに、年齢とともに髪の毛も細くなっていくためハリ・コシ・ボリュームも失っていきます。しかし、男性のように全体的に髪がハゲてしまうことはないため近年では、女性型の脱毛症とも言われているようです。

<主な原因>

加齢

ストレス

生活習慣

無理なダイエット

ピル(経口避妊薬)の服用

過度のヘアケア

FAGAの治療法

①薬による治療
治療といえば、内服薬や外用薬を使うことが多いと思います。AGA治療ではinoxidilやpropeciaなどがよく使われていますが、プロペシアに含まれる有効成分のfinasterideが女性には使えないため、ミノキシジルのみが使用されます。Minoxidilは経口タイプと塗るタイプの2つありますが、副作用があるためあまりおすすめしていないクリニックもあるようです。

動悸やめまいを起こしたり、もともと血圧降下剤として使われている薬なので血管を拡張させるため、血液濃度が低下からむくんだりなど様々な副作用があるようです。他には、パントガールや外用薬のミノキシジル、パントスチンを出されることが多いようです。

②育毛メソセラピー

育毛のメソセラピーとは医師が針またはレーザーを使用して、Minoxidilなどの発毛に有効的成分を頭皮に直接注入する治療法です。注入する手段や成分はそれぞれの治療院によってかわるようです。

ページの先頭へ