FAGA(びまん性脱毛症)のメカニズム

FAGAの原因はホルモンっていうけど、具体的にはどんなメカニズムでFAGAが起きているのか、みなさんは知っていますか?

AGAとFAGAって何が違うんでしょう?メカニズムが分かれば、積極的に対策することができます!

ここではどのようにFAGAが発症するのかを分かりやすく説明しています。

FAGAのメカニズム

あなたの髪は次の項目に当てはまっていませんか?該当するものがあれば、もしかしたらあなたはびまん性脱毛症(FAGA)かもしれません。

・髪にボリュームやハリが無い

・地肌が気になるようになってきた

・髪が細くなってきた

男性ホルモン(テストステロン)の影響

FAGAには男性ホルモンが大きく大きく影響しているようです。男性ホルモンの1種であるテストステロンは男性に限らず女性であっても持っています。このテストステロンは血液中を流れていますが、毛根に入り込むとテストステロンがジヒドロテストステロンに変わります。

このジヒドロテストステロンが発毛を妨げる働きをするので、髪の成長が止まりFAGAが発症してしまうのです。男性ホルモンが毛根に入ってしまうのは、男性ホルモンの受容体を体に持っているかで決まるそうです。これは遺伝が大いに関係すると言えます。

FAGAのカギは女性ホルモンだった!

女性ホルモンには、髪を育てる働きがあります。このエストロゲンが活発に分泌されていれば、FAGAが発症する心配がありません。つまりホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの分泌量が減ることにより、男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまうことがFAGAの原因だったのです。

ホルモンのバランスが整っていない原因は加齢や日常のストレス、生活や習慣の乱れなど様々な主な要因としてあげられます。特に閉経の頃に脱毛が増えてくる理由は、女性ホルモンが急激に減少し、男性ホルモンが優勢になる事!これがFAGAの主な原因です。

AGAとFAGAの違い

FAGAとAGAを区別するのには理由があります。FAGAとAGAの大きな違いは毛の抜け方です。この違いは女性ホルモンが大きく影響しています。AGAは前頭部や頭頂部の毛が抜け、放置すると髪が抜け続けます。

FAGAは頭部全体が薄毛になり、一定の量が抜けると進行が止まります。これは、男性と違って女性は女性ホルモン(エストロゲン)を分泌し続けるからです。

AGAの特徴

・頭頂部 / 前頭部が抜けてくる

・ほおっておくと進行し続ける

FAGAの特徴

・全体的に薄毛になる

・一定量抜けると進行が止まる

ページの先頭へ