AGA治療薬とは?

AGAの治療薬には、医師の処方箋が必要なものや通販で購入できるものなど様々なタイプの薬が出ています。病院で処方される治療薬から日本での医薬品認定のされていないAGA治療薬まで、効果・効能・副作用や注意点までまとめてご紹介します!

プロペシア(Propecia)

プロペシアは、世界60か国で承認されている内服タイプのAGA治療薬です。AGAにお悩みの方なら一度は聞いたことがあるフィナステリドが配合されています。日本では2005年から発売が開始されました。

脱毛の抑制・薄毛の改善などの効果がありますが、副作用として勃起不全・肝機能障害などが報告されています。こちらのAGA治療薬は処方箋が必要なお薬ですので、医者の指示に従って正しく服用しましょう。

効果・効能 : 脱毛の抑制 / 薄毛の改善など

副作用 : 勃起不全 / 肝機能障害など

参考価格 : 月額7,000円~

フィンペシア(Finpecia)

AGAの内服薬フィンペシアは、実はプロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、有効成分やその配合量は同じで、味や形状を飲みやすく改良した薬です。プロペシアのジェネリックは何種類かありますが、その中でも高評価のAGA治療薬がフィンペシアです。

フィンペシアは、インドでジェネリック品を多く開発している事で有名なシプラ社が開発した薬です。「同じAGA 治療薬なら値段の高いプロペシアよりも成分が同じで安いフィンペシアがいい!」と考える方が多いと思いますが、このフィンペシアは日本での正規販売ルートがありません。

つまり現在日本で出回っているフィンペシアは偽物も非常に多いんです!個人で輸入する際はもちろんですがクリニックから処方されるものでも偽物の場合があるそうなので購入の際には十分注意が必要です。

効果・効能 : 脱毛の抑制 / 薄毛の改善など

副作用 : 勃起不全 / 肝機能障害など

参考価格 : 月額950円~

フィナステリド錠1mg「ファイザー」(Finasteride Pfizer)

2015年に発売開始されたAGA治療薬で、プロペシアのGENERIC医薬品です。厚生労働省から製造販売承認を受けており、正規の販売ルートが確立されている薬です。先発品のプロペシアと効果・効能・副作用は同じです。

見た目もあまり変わらずお値段が安いので、こちらのフィナステリド錠の方がお得ですよね。製造元もアメリカのファイザー社ですし、厚労省から認められたお薬なので安心して服用できる事でしょう。

効果・効能 : 脱毛の抑制 / 薄毛の改善など

副作用 : 勃起不全 / 肝機能障害など

参考価格 : 月額6,000円~

ロゲイン(Rogaine)

こちらのロゲインは、AGA対策に有効な成分であるミノキシジルが5%配合されている外用薬です。AGAにお悩みの方なら一度は聞いたことがあるロゲインは、アメリカの製薬会社ファイザーが発売しています。発毛促進に効果のあるAGA治療薬ですが、副作用として頭痛・腹痛・性欲低下などが比較的多く報告されています。

日本で大正製薬から発売されているAGA用の外用薬リアップx5とMinoxidilの配合量が同じですが、ロゲインは日本で医薬品認定を受けておらず、個人で海外から輸入しているのでリアップより20%ほどお安く入手することができるそうです。もちろん為替に影響されるので、どれくらい安くなるかは変動によるのでご注意ください。

効果・効能 : 発毛促進

副作用 : 頭痛 / 腹痛 / 性欲減退など

参考価格 : 月額3,000円~

ページの先頭へ